あなたの転職をしっかりサポート 詳しくはこちら

【人事課長が解説】看護師に疲れたとき辞める前に考えてほしい3つのこと

看護師の仕事に疲れて辞めたいとき、考えてほしい3つのこと

「毎日の激務で、看護師の仕事に疲れてしまった」

「肉体的にも精神的にも辛くて、このまま看護師を続けていくのは不安」

と思うことはありませんか?

かな

看護師は良い職業と思われますが、実際の現場は激務で肉体的にも精神的にも疲れます。とくに、病棟看護師として働いていた時は、疲れて毎日を辛く感じることもありました

ひろ

看護師の仕事に疲れたときにどうすればいいのか、辞めても大丈夫なのか不安に感じ悩んでいませんか?

そこで今回は、

  • 看護師の仕事に疲れたときに考えてほしいこと
  • 看護師の仕事に疲れたと感じる理由
  • 看護師の仕事を辞めたいときの対処方法

について詳しく解説します。

この記事を見れば、看護師の仕事に疲れたときに進む選択肢や対処方法を知ることができます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

看護師の仕事に疲れて辞めたいとき、考えてほしい3つのこと

看護師の仕事に疲れて辞めたいとき、考えてほしい3つのこと

看護師の業務はとてもハードです。肉体的にも精神的にも、とても大きな負担がかかります。

かな

毎日疲れて、辞めたいと考えたり看護師として働き続けることに不安を感じてしまいます。

そんなときに、まずは自分の考えを整理して進む道を決めましょう。一旦立ち止まって考えてほしい3つのことがあります。

  1. どうやったら今の病院で働き続けられるのか
  2. 転職するならどんな病院が良いのか
  3. 他業種へ転職する場合はどんな業種にするか

つまり、辞める前に自分の今後を考えてほしいのです。

それでは詳しく解説します。

今の病院で働き続けることはできるのか

疲れたら、辞めたくなるのは誰しも通る道でしょう。しかし、安易に辞めることを選ぶより、今の病院でどうやったら働けるのかを考えて見てください。

ひろ

辞めることはいつでもできますが、今いる病院でも違う働き方ができるかもしれません。

人間関係の悩みなども、部署がかわれば解決することもあります。

例えば、

  • 契約社員やパートなど、時間短縮にしてみる。
  • 夜勤が大変な場合は、夜勤のない外来部門や夜勤のない条件に契約できないか確認する。
  • 介護施設や訪問看護ステーションがあれば、そちらへの異動を検討する。

私も、地元に戻りたい理由などで転職をしましたが、もう少し前職場で他の働き方がないか相談しても良かったかもしれないと考えるときがあります。

まずは、今いる職場で他の働き方ができないか、検討や相談をしてみましょう。

転職するならどんな病院

どうしても、今いる病院が合わないと感じるなら、転職を真剣に検討しましょう。

ひろ

この時、今の現状を変えたい気持ちが強いあまり、どこでもいいから転職することだけはやめましょう。

100%理想の職場があるわけではありません。自分が看護師として、どのような仕事をしたいのかしっかり整理して転職先をみつけましょう。

例えば、

  • 給料が高ければ激務でもいい
  • 給料は、平均的でいいから時間に余裕がある病院
  • 看護師として、スキルアップしたい

看護師さんの、給料は夜勤をしたり緊急時の対応などで、基本給に加算されていく形が多いです。しかし、プライベートの時間も給料もほしいというのは、難しいでしょう。

何を優先して、何を我慢するのか取捨選択が大切です。

しっかり、選択をして自分らしく働ける転職先を見つけてください。

他業種へ転職する

看護師の仕事に疲れたら、他の業種へのチャレンジも一つの選択です。

現場の慌ただしさや、患者さんの死だけでなく、人間関係の複雑さなど看護師として働いていくのは、精神的にも肉体的にも大変です。

そこで、病院ではもう働きたくないと考えた人は、他の業種を検討してみましょう。

例えば、

  • 看護師の経験を活かして、一般企業へ転職
  • 看護師とは無関係の仕事へ転職

一般企業でも、製薬会社や医療機器メーカーなど看護師の経験が活かせる場所もあります。

また、保健師の資格があれば、一般企業の健康管理など活躍の場が更に広がるでしょう。

看護師に疲れたら、他の業種も検討してみてはどうでしょうか?

看護師の仕事に疲れたと感じる理由。経験年数やポジションごとに解説

看護師の仕事に疲れたと感じる理由。経験年数やポジションごとに解説

看護師に疲れたと感じる理由は、経験年数や役職などのポジションでことなりますが、基本的な問題は共通していることが多くあります。

看護師さんが疲れると感じる理由を、4つに分けてみました。

  1. 看護師さんが疲れると感じる共通編
  2. 新人看護師が疲れると感じる時
  3. 中堅看護師が疲れると感じる時
  4. 役職看護師が疲れると感じる時

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

看護師さんが疲れると感じること:共通編

看護師さんが疲れると感じる理由の多くは、下記の3つのが関係してきます。

  • 人手不足による激務
  • 人間関係が複雑
  • 勤務が不規則
かな

看護師さんでなくても、これだけの条件が揃えば疲れてしまいますね。

とくに人手不足は深刻な問題の1つです。多くの病院で、看護師不足に悩んでいるため、常に看護師さんを募集している病院もあります。

つまり、あまり良くない職場であれば、看護師さんは別の病院にどんどん転職していってしまいます。

政府も団塊の世代が、後期高齢者になる2025年には、更に看護師さん不足は深刻化していくと予想しています。

ひろ

少しでも、環境に不満があれば転職してしまう看護師さんをたくさん見てきました。

夜勤のない部署であったのに、気づけば夜勤のある病棟に移動になるなんてこともよくあります。

人間関係も、昔から長くいる役職のない人が誰よりも権力をもっていたり、理解しにくい病院独自の暗黙のルールがあったり、ギクシャクしてしまう種がたくさんあるのも病院の特徴だと感じます。

そういった、負の循環が結果として離職に繋がり、人手不足につながる病院のパターンです。

新人看護師さんが疲れたと感じること

3年目くらいまでの新人さんも、とても多くの疲れたを感じることがあります。

  • しっかりと教育されない
  • いきなり求められるハードルが高い
  • 先輩との人間関係に疲れる

私の病院もそうですが、新人さんを一日でも早く独り立ちさせようと、とにかくハイペースで指導が始まります。

成長には個人差がありますが、他人と比較し自分の覚えの悪さが嫌になることがあります。

かな

デキる人と比較しながら指導されると、精神的に辛いです・・・。

ひろ

教育体制と人間関係が、新人看護師さんの看護人生に大きく影響するといえますね。

中堅看護師さんが疲れたと感じること

中堅クラスの5年目から10年目くらいの看護師さんも疲れたと感じることが多くあります。

ひろ

中堅クラスにもなると、仕事は慣れて自分の立ち位置はだいぶ確立されている場合が多いです。

中堅看護師さんが、疲れると感じる理由は以下のようなものがあります。

  • 新人教育と実務の両立
  • 上司とのやり取りがストレス
  • 派閥争いのような人間関係が辛い

中堅看護師が疲れたと感じるのは、現状のやり方に疑問を感じたりもっと良くしたいと考えている場合が多いです。

たとえば、現状に満足し今のやり方を変えたくない看護師さんから嫌がらせを受け、対立することで疲れてしまいます。

また、新人教育も成果が出ないと、上司から不満を言われたりしている現場を見ます。

さらには、上からと下からと両方の言い分に挟まれてしまい、看護業務以外の部分で嫌気が指してしまうことがあるでしょう。

かな

患者さんのためになら頑張れることも、誰かの機嫌を取るために仕事をしていては疲れてしまいますね。

役職のある看護師さんが疲れたと感じること

お給料も高いですが、求められることが多くなるのが役職者です。

病院というところは、役職に大きな意味がない病院もあります。私の病院も、役職者より長年勤めている看護師の意見が通ることはよくあることです。

ひろ

役職者は責任とストレスが多く、権限が少ないなんてこともよくあります。

女性が多く、人数の多い看護部門をまとめる役職者のストレスは大きなものがあります。

ひろ

私個人的にも、看護部門とのやり取りが一番大変です。

下からも要望が出てきますが、すべての要望を叶えられるわけもなく、上手く取りまとめなくては、看護師の離職につながる恐れがあります。

辞めたらまた雇えばいいのですが、再度教育が必要であったり、離職率が高いと評判が悪くなり看護師さんがこなくなってしまうので、とても大きなプレシャーのもと仕事をしています。

かな

看護師さんの情報網は、すごいので地域の病院には簡単に広まってしまいます。

看護師に疲れたと感じた時、今すぐ辞めたほうがいい職場

看護師に疲れたと感じた時、今すぐ辞めたほうがいい職場

仕事をしていれば、日々疲れてしまうのは当然ですが、下記のような疲れは注意が必要です。

  • 達成感がない
  • 心がもやもやする
  • とにかくダルい

仕事は、いくら疲れてもやりきったときはとても達成感があるものです。

しかし、いくら頑張っても達成感がなく、とにかく疲れしか残らない場合は、報われないことが多いので辞める選択肢を考えておきましょう。

たとえば、下記のような職場が危険な職場です。

  1. いじめやパワハラがある職場
  2. サービス残業などが多く労働環境が悪い
  3. やりがいを感じない職場
ひろ

精神的に消耗してしまう職場は、続けていくと危険な可能性が高いです。

それでは、それぞれの特徴を解説していきます。

いじめやパワハラのある職場

病院以外でも、こういった職場はどこでもあると思いますが、病院はとくにいじめやパワハラというものが多いと感じます。

裏のボスのような存在がいて、まとまりのない職場は精神的に大変な傾向にあります。

病院は女性の多い職場であり、とくに看護師さんは8割ほどが女性です。

ひろ

私も前職の時以上に、女性同士の争いもよく目にします。

かな

不毛な争いや嫌な空気に巻き込まれるとどんどん疲れてしまいますね。

そういった時は、部署異動や転職を検討してその現場から離れるようにしましょう

サービス残業が多く労働環境が悪い

ひろ

病院という職場は、業務の境界線があいまいな場所でサービス残業が多いです。

とくに看護師さんは、患者さんのケアだけが仕事ではありません。就業前と就業後にやらなくてはならない業務がたくさんあります。

かな

患者さんの情報収集や、次の勤務帯へ情報を申し送りしなくては、業務がスムーズにできないですね。

例えば、朝8時30分から勤務開始だとしても30分前出勤し、患者さんの情報収集を行わなくては、スムーズに業務に入ることができません。

かな

申し送りや、情報収集は残業にならないことが多いですね。

実際は、看護師として必要な業務なのでしっかりと残業代が支払われるべきです。

日本看護協会の、ホームページに下記のような、記載があります。

Q.7始業時間になると申し送りやケアが始まるため、スタッフはいつも30分早く出勤し情報収集をしています。時間外勤務手当は支払わなくてよいでしょうか

A.7業務の準備(情報収集等)に必要な時間が所定労働時間内に確保されておらず、始業前に出勤する必要がある場合などは、労働時間として算入し、時間外勤務手当を支給することが推奨されています。

また職員の健康管理や時間外勤務手当支給が適正に行われるよう、タイムカードなどで出勤・退勤時間を管理し、勤務時間前後いずれの残業時間数も把握するよう努めましょう。

出典:日本看護協会

このように、一昔前であればあたりまえにやっていたことが今はあたりまえではありません。

実際はサービス残業が多く、残業を申請しにくい雰囲気、人によって給料が違う不透明な給料体制など、あげればきりがない部分がありません。

ひろ

私の務めるような、小さい私立病院では給料体制など不透明な場合が多いです。

昔ながらのやり方のままきてしまい、働き方改革などで大きく変わらなくてはいけない転換期に来ている病院も多いのです。

そういった職場では、不満がつもり疲れてしまいます。自分がいくら頑張っても変えれないことに気を使っても精神がすり減ってしまうだけです。

そういったときは、逃げるが勝ちかもしれません。

やりがいを感じない職場

やりがいを感じて仕事ができれいる人は、どれくらいいるでしょうか?

多くの場合は、やりがいを感じていないかもしれません。

看護師さんという仕事は、人それぞれ目標や目的があります。

  • お金を稼げればいい
  • 患者さんを助けたい
  • 看護師としてスキルアップしたい

どれもすべて叶えられる職場はありません。

ひろ

しかし、自分のやりたいことや目的とかけ離れた病院では、日々疲弊してしまいます。

給料はもらえるけど、患者さんに対してしっかりした看護ができない病院では、こんな看護でほんとに給料をもらっていいのだろうか?

そんな葛藤を抱えている人も多いと思います。

漠然とした、やりがいだけを求めても失敗してしまいます。

しかし、やりがいや目的がぼやけた仕事は、ただ疲弊することが多いです。やりがいがなくて疲弊している場合は、部署異動や転職を考えてみましょう。

看護師に疲れたら、辞める前にやってほしいストレス解消法

看護師に疲れたら、辞める前にやってほしいストレス解消法

皆さんはどんな方法でストレスを解消していますか?

かな

ストレスはため込むと駄目なのはわかっているのに、うまくストレス解消ができません。

仕事を続けていくのであれば、ストレスを上手く解消する方法は知っておく必要はあります。

ここでは、3つの方法に分けてストレス解消のヒントを解説します。

  1. 家族や友人など大切な人と過ごす
  2. 趣味の時間を満喫する
  3. しっかり休む

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

家族や友人など大切な人と過ごす

まずは、仕事を忘れて身近な人との時間を大切にしてみましょう。

あなたの仕事をする理由の多くが家族のためであったりしませんか?

そんな家族、そして身近な友人と過ごすことできもちがすっ

趣味の時間を満喫する

皆さんは、どんな趣味を持っていますか?

趣味を持っていることは、とても心の支えになります。

趣味と呼べるものがないという人もいるかも知れません。

趣味を持たなくては、駄目だと考えるのではなく、リラックスできたり夢中になれるものをみつけてみましょう。

ゲーム、漫画や本を読む、美味しいものを食べる、写真を取る、映画を見る、料理をする、絵を描いてみる

植物を育てる、キャンプをする、ドライブする、ランニング、筋トレ、スポーツ、ヨガ、アロマ

興味のあることを、書き出してみてインターネットで調べて、You Tubeを見ると新しい発見があるかもしれません。

好きなことがあるとそのために、頑張ることができるようになります。

今はインターネットの普及で、家にいながらいろんなことに挑戦できるようになりました。

趣味をもち、楽しむことでストレス解消つながるようになります。

しっかり休む

ストレス解消の一番のポイントは、しっかりとした休息です。

使命感とやりがいにあふれ、毎日仕事が楽しくて仕方がないという方であれば大丈夫でしょう。

しかし、看護師という仕事は日々精神的にも肉体的にも大変なことが多いです。

かな

患者さんの死との直面、家族からのプレッシャーなど多くのストレスがかかります。

日常で発散できない場合は、しっかりとした休息が必要です。

ひろ

有給休暇などを使って一定期間休んで、また仕事に戻るのも選択肢の1つのですね。

看護師に疲れて辞めたいと考えたときの3つの行動

看護師に疲れて辞めたいと考えたときの3つの行動

自分なりのストレス解消方法を試しても、あまり効果がない場合、今すぐこの現実から逃げ出したい気持ちになります。

かな

今すぐ辞めれば、楽になれるんじゃないかと考えてしまいます

病院という環境で、疲れず楽しく仕事ができる人は多くないと思います。

そういったときに取るべき行動は3つです。

  1. 長期休暇を申請する
  2. 部署異動を申請する
  3. 転職する

それでは、それぞれ詳しく解説します。

長期休暇を取得して、しっかり休む

心や体がつかれたときは、しっかり休むことが効果的です。

とくに、うつ病のように心が疲れ切ってしまった場合は正常な判断をしないほうが良いとされています。

うつ病のように、感情の落ち込みが激しい場合はすぐに辞めたくなる気持ちもすごくよくわかります。

衝動的に辞めるのは簡単です。しかし、1度立ち止まり考えてみましょう。

ほんとに辞めるのが正しい判断なのでしょうか?

辞めたあとはどうしましょうか?

辞めたあとのお金はありますか?

この質問に答えられれば、辞めて大丈夫です。

ですがここがはっきりしない場合は、思い切って1度休みましょう。

うつ病の診断書は、簡単に書いてもらうことができます。

診断書をもらい、傷病手当金で生活しながら休んで今後の生活を考えるのも一つの選択肢です。

休んで、心が落ち着いてきたところでどういう選択にするか決めるのがおすすめです。

とはいえ、休みにくい、休むくらいなら辞めたいと思う気持ちがあるのもよくわかります。

ですが他人の目を気にしても、他人はあなたの人生を助けてくれません。

自分の人生を生きるのは自分だけです。

もしかしたら、なにか言ってくる人はいるかも知れません。しかし、そういう人は何をやっても文句を言う人です。

割り切ってしっかり休むことをおすすめします。

部署異動を提案する。

部署異動も一つの選択肢です。

夜勤をするのが難しいのであれば、夜勤のない部署への移動を上司に相談するのも一つの手段になります。

いろんな施設がある病院であれば、看護師として異動が可能です。

  • 他病棟へ異動
  • 外来部門へ異動
  • 訪問看護へ異動
  • 施設へ異動

病院の機能によって異なりますが、看護師さんができる仕事は多いので、あなたの病院で働けるところを検討して見てください。

転職するより少ない労力で、新しい環境に飛び込むことができます。

転職する。

長期休暇や部署異動を試したけど疲れてしまう。また、そもそも長期休暇や部署異動ができない、そんなときは転職する道があります。

看護師さんは、転職の多い職業で転職回数がある程度多くても、採用してもらえることが多いです。

しかし、しっかりとした調査せず、無闇に転職しても今と同じような辛い職場になってしまう可能性が高いです。

ひろ

私も、製薬会社から転職したときに、転職すれば今より良くなる。という根拠のない転職をしてしまい、大失敗でした。

訳がありその後転職はしていませんが、転職にはしっかりと目的を持ち、転職先の情報を集めるようにしましょう。

ひろ

自分の要求が100%かなう病院は、ないと考えたほうがいいです。

  • 給料が良く
  • 休みやすく
  • 理想の看護業務
  • 人間関係もよい
かな

すべてがかなう職場は、自分で作るしかないかもしてませんね。

自分が大切にしたいもの、譲ってもいいもを考えしっかりとバランスをとり、現状を良くするための行動をとっていきましょう。

まとめ:看護師に疲れたら辞めても大丈夫

 

看護師に疲れたら辞めても大丈夫

日々の看護業務に疲れたと感じることは誰でもあることです。

そんな時は、辞めても大丈夫ということを覚えておいてください。

また次の日から頑張れるように、ストレス解消を行ったりして日々戦っていると思います。

どこか割り切って仕事ができればいいのですが、疲れると割り切れなくなってきてしまいます。

そんなときは、

  • 長期休暇
  • 部署異動
  • 転職

この3つをうまく使い乗り越えていきましょう。

辞めても大丈夫という、心の余裕があなたを少しでも楽にしてくれるはずです。

辞めることや休むことでいろんなことを言われるかもしてませんが、その人達はあなたの人生の責任をとってくれません。

無責任と言われても、辛い環境で精神論だけで働ける人はいません。

なにか言ってくる人は、辞めても辞めなくてもいいますし、自分が行動できなくあなたを羨ましく思っているだけと考えて行動してみましょう。

自分の大切なものと1度向き合ってみましょう。

ありがとうございました。

看護師の仕事に疲れて辞めたいとき、考えてほしい3つのこと

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる